set.a.light 3D V2.5をダウンロードして、15日間無料でテストしてください。

Windowsバージョン

Download now

2.3 GB


MacOSバージョン

Download now

2.4 GB

バージョン:set.a.light 3D V2.5.9 —リリースノートシステム要件

試用版は完全にテストでき、制限はありません。

ソフトウェアを起動するたびに、BASIC版とSTUDIO版のどちらをテストするかを選択できます。

含まれる言語:

Deutsch

Français

English

Português (BR)

한국어

日本語

PDF版取扱説明書

ダウンロード

最初のステップ

set.a.light 3Dを使用して最初のプロジェクトを作成する方法

ユーザーインターフェイスの概要から独自のポーズの作成まで、基本的なことを知ることができます。
その後、最初のプロジェクトを開始しましょう。

記事を閲覧しよう。
チュートリアルを観よう。
答えを見つけよう。

他のセタライターと出会おう

同じような考えを持つ人たちとつながり、自分の作品を共有し、インスピレーションを得ましょう。

ニュースレターを購読する

最新情報などをお届けします!

ニュースレターを購読する!

よくあるご質問

私は据え置き型のパソコンとノートパソコンを持っています。
両方の端末でソフトウェアを使用できますか。

ソフトウェアは3台のコンピューターにインストールしてアクティベートできますが、同時に使用することはできません。
例えば、メインのコンピューターにインストールし、2番目のコピーをノートパソコンに、そしてスタジオにあるコンピューターにインストールすることができます。

このソフトウェアはMacとWindowsで動作しますか。

はい、このソフトウェアはMacとWindowsで動作します。
購入後、お客様のアカウントで両方のシステムのインストーラを利用できます。

コンピューターのハードウェアに関する特別な推奨事項はありますか。

set.a.light 3Dは、ライブ・レンダリング・プロセスを実行するために、主にグラフィックカードの容量とメモリを使用します。ソフトウェアをスムーズに動作させるには、現在のグラフィックカードで1GB以上のRAMを搭載することをお勧めします。
詳しくは最小システム要件をご覧ください。
.

教育版はありますか。

あります。
学校、教師、学生向けに特別価格で提供しています。
詳細については、学生と教育のページをご覧ください。

後でBASIC版からSTUDIO版にアップグレードすることは可能ですか。

もちろん。いつでもアップグレードして、set.a.light 3Dの完全な柔軟性とすべての機能を利用できます。

STUDIO版とBASIC版はそれぞれどのような人に適していますか。

私たちは、誰もがデジタル技術を自ら学び、クリエイティブになる機会を持つべきだと考えています。
そのため、BASIC版はより低価格で提供しています。

BASIC版は、まずソフトウェアに慣れ、自分に合うかどうかを確認したい場合や、ライティングについて全く知識がなく、最初の一歩を踏み出そうとしている場合の選択肢となり得ます。
BASIC版には、簡単なライト設定を作成するためのすべての機能があります。(パーマネントライトやフィルムライトはありません)

非常にクリエイティブな方や、フィルムや連続光を使用した作業をしたい方には、STUDIO版が最適です。
BASIC版とは対照的に、機能は制限されておらず、より多くの実験が可能で、複雑な設定を作成して広範なプロジェクトに取り組むことができます。

ライセンスの更新は必要ですか。

ライセンスは無期限に有効です。(サブスクリプションではありません)
アップデートは無料で提供されます。
アップデートには、ソフトウェアの機能拡張、不具合修正、改善が含まれています。
アップデートプログラムは製品のライフサイクル中に配信されます。
後日、アップグレードをリリースする場合は、有料でアップグレードすることもできますし、現在のバージョンで作業を続けることもできます。

リリースノート

初回リリース以降、set.a.light 3Dに何が追加され、改善されたかをご確認ください。

V2.5.9 (14.03.2023)

V 2.5.9の新機能

新しいバージョン2.5.9には、以下の新機能が含まれています:

  • 新着: アドオン機能として3Dインポーターを追加(ベータ版) (有料)
  • 新着: 日本語が統合されました
  • 新着: フラッシュ用6 cm ⌀ +ハニカムスヌート
  • 新着: フラッシュ用背景リフレクター
  • 新着: スピードライト用6 cm ⌀ +ハニカムスヌート
  • 新着: スピードライト用背景リフレクター
  • 小さな不具合の修正
  • 注意:Venturaを搭載したAppleコンピュータには新規インストールが必要です

アップデートのサイズは、Windowsの場合は35MB、Macの場合は56MBです

V 2.5.8Fの新機能

新しいバージョン2.5.8fには、以下の新機能が含まれています

  • 新着:Godox AD200 は、すべてのフラッシュライトシェイパーの選択可能なフラッシュヘッドとして利用可能です (モノライトタブ内)
  • 新着: Godox Beauty Dish 42 cm シルバーおよびホワイト、ディフューザー付き (モノライトタブ内)
  • 新着: 光源のないランプ三脚の小道具を追加(高さ調整可能)
  • 新着: カメラなしのカメラ三脚の小道具を追加(高さ調整可能)
  • 独自のスピードライトを作成するためのその他の組み合わせ(ズーム範囲、ガイド番号)
  • 独自のスピードライトを作成するためのElinchromの新しいコントロール範囲(0.1-4.4 )
  • 新着: ight Dome Mini II 55cm モノライト用
  • 新着: Aputure 連続光用のライトシェーパー(LS 120D II、LS C300D IIおよびLS 300X):

    - Light Dome Mini II 55cm

    - Light Box 60 X 90 cm

    - Light Box 30 x 120 cm

  • 小さな不具合の修正

アップデートのサイズは、Windowsの場合は22MB、Macの場合は37MBです

V 2.5.8Dの新機能

バージョン2.5.8(a)向けのパッチ

  • ピクチャーウォールも透過的に使用できるようになりました
  • 新着:22個の新しいスポーツオブジェクトを備えたフィットネスアセット
  • 新着:ヘッドライト作動、ドア開閉、ハンドル操作が可能な車
  • Mac用ファイルブラウザを改善しました(ファイルブラウザが操作できないことがありました)
  • 小さな不具合の修正

アップデートのサイズは、Windowsの場合は100MB、Macの場合は110MBです

V 2.5.8Cの新機能

バージョン2.5.8(a)向けのパッチ

  • 新着:自動保存(6分ごと、NAME.autosave.set)
  • 新着:カメラのピント合わせをマニュアルで行えるようになりました(詳細設定で)
  • ルームを100メートルまで拡張できるようになりました
  • 連続光をモノライトに直接置き換えられるようになりました(ドラッグアンドドロップ)
  • 不具合修正
アップデートのサイズは、Windowsの場合は34MB、Macの場合は55MBです

V 2.5.8aの新機能

バージョン2.5.8向けのパッチ

  • 新着:ベアフラッシュ(ライトシェイパーなし)
  • 新着:2/3"インチセンサー
  • ダミーカメラの色を調整できるようになりました
  • メガネが鏡に映るようになりました
  • ナイロンと靴下が鏡に映るようになりました
  • 16ビットのPNGをインポートできるようになりました
  • 不具合修正
アップデートのサイズは、Windowsの場合は22MB、Macの場合は34MBです

V 2.5.8の新機能

新しいバージョン2.5.8には、以下の新機能が含まれています

  • 新着!
    すべてのモデルに表情がつきました
  • 新着!
    独自の表情を作成して保存できるようになりました
  • 更新!
    ポーズをミラーリングできるようになりました
  • 更新!
    多くの新しいライトとモディファイアが追加されました:

    - モノライトへの新規追加:アンブレラW/S - Ø210cm

    - スピードライトへの新規追加:Octabox Ø - 90cm

    - パーマライトへの新規追加:LEDビデオランプ - 14x8 cm、Aputure LS 120D II Ø 20cm + 3つの新しいライトシェーパー(フレネル 2X、ライトドーム II Ø 89cm、ランタン)、Aputure LS 300X Ø 20cm + 3つの新しいライトシェーパー(フレネル 2X、ライトドーム II Ø 89cm、ランタン)、Aputure LS 600D PRO Ø 20cm

  • 各種シーリングランプ、ペンダントランプ、テーブルランプ、フロアランプ、キャンドルが追加されました
  • 新着!
    ミラー(シーンをミラーリング - 光のミラーリングも可能 - 2つのミラー間のミラーリングは不可)
  • 更新!
    ドラム、手のひら、電話、家具、トイレ、スタジオ機材、調整可能なテクスチャを備えたカーペットなど多くの小道具を追加しました
  • 新着!
    実験車両(塗装の映り込みは未対応)
  • 更新!
    ウォールエレメントに新しい窓とドアのオプションが追加されました
  • 更新!
    柔軟性に優れた新しい基本形状が追加されました
  • 更新!
    カメラの改良と追加:カメラにNDフィルタが追加され、ビデオカメラ用のアナモフィックレンズが追加され、カメラは詳細設定で設定できるようになりました。ISO 3、6、12が追加され、より多くのレンズが追加されました。
  • 更新!
    モデルの改良と追加:新しい衣装(女性)、新しいヘッドスカーフ(女性)、新しいキャップ(女性/男性)、よりリアルに見える新しい目、瞳の反射の改善、スタイル設定されたモデルを詳細設定にプリセットとして保存できるようになりました。
  • 更新!
    複数選択が改善されました:スタジオエリアでCtrlキーまたはCmdキーを押すか、Shiftキーを押しながらフレームをドラッグすると、スタジオ内のオブジェクトを複数選択できます。
    複数選択からのオブジェクトの選択解除もエラーなしで動作するようになりました。
    セットリストについても同様に改善されました。
  • 新着!
    スタジオテンプレートは、開いているプロジェクトでも適用できるようになりました(以前は、スタジオテンプレートは新規プロジェクトの開始時にのみ選択可能でした)
  • 新着!選択したスナップを新しい.setファイルにエクスポートできるようになりました
  • 更新!
    レンダリングされた画像にカメラのEXIFデータが含まれるようになりました。
  • ソフトウェアのパフォーマンスが向上し、RAMの消費量が削減されました
  • ソフトウェアコアの大幅な改良
  • Mac版はユニバーサルアプリになりました。
    また、M1ネイティブ版も含まれています。
  • 修正された不具合
  • 今後に修正する不具合を追加 😀

V 2.5.7の新機能

  • 新しいパッチャー(V.2.5.8のパッチ適用に必要)
  • パッチは約19MBです(Macの場合は30MB)

V 2.5.6の新機能

  • 新着: - レンズ 18-135mm
  • フィルムカメラのFPS値の追加(120、240、400、800、1000、2000fps)
  • 技術設定でカメラのポートレイト/風景の切り替えも可能になりました
  • 小さな不具合修正
  • スピードライトのホットフィックス(独自のスピードライトがV2.5.5では正しく適用されませんでした)

注意:V2.5.3からV2.5.5へ再インストールする必要があります。パッチャーを使用してV 2.5.3からアップデートすることはできません。
個人設定はすべて保持されます。

V 2.5.5の新機能

I am a headline

  • 新着:レンズ 18-135mm
  • フィルムカメラのFPS値の追加(120、240、400、800、1000、2000fps)
  • 技術設定でカメラのポートレイト/風景の切り替えも可能になりました
  • 小さな不具合修正
  • スピードライトのホットフィックス(独自のスピードライトがV2.5.5では正しく適用されませんでした)

注意:V2.5.3からV2.5.5へ再インストールする必要があります。パッチャーを使用してV 2.5.3からアップデートすることはできません。
個人設定はすべて保持されます。

V 2.5.3の新機能

  • 学校向けの柔軟なライセンス管理
  • 新着:フロアのテクスチャの追加
  • 2.5.2 のホットフィックス

2.5.2 更新:

  • ライセンスモジュールが更新されました (V2.5.2から顧客アカウントでは、アクティベートされたPCが表示されます)
  • 新着:女性モデルの髪型を追加
  • 新着:男性用キャップを追加
  • 新着:女性モデル用サングラス2点を追加
  • 新着:メガネの色を変更できるようになりました
  • 新着:目を閉じられるようになりました
  • 新着:多くのテクスチャを備えたウォールエレメントを追加
  • 新着:フロアのテクスチャの追加
  • 新着:ARRI Lite 750/2000 Plus
  • パラボリック・ソフトボックスにグリッドが付くようになりました
  • エクスポートでは、シャドウまたはマスクされたモデルをレンダリングできます。
  • 多くの詳細な改善と不具合修正

V 2.5.1の新機能

set.a.light 3D V2.5にアップグレード

重要:アップグレードには新規インストールが必要です。自動パッチでは提供されません。

  • 試用期間がリセットされ、誰でもset.a.light 3D V2.5を再度試用できます。
  • 新着:ライトセットアップを共有・ダウンロードするためのコミュニティを追加しました
  • 新着:ARRI L5-C、L7-C、L10-C
  • 新着:モデルのまぶたが視線の方向に合わせて自動的に動きます
  • 新着:モデルのスキンを変更可能です (明るい、暗い、独自の色)
  • 新着:マイク、トーマス、ジャマルの髪を追加しました
  • 新着:キラとジャマルのメガネを追加しました
  • 現在のモードの調整可能な最小サイズは5cmで最大サイズは500cmです
  • 既存の衣装の新しい組み合わせの可能性が増えました
  • エクスポートタブでレンダリングを作成・エクスポートできるようになりました
  • スタジオビューがエクスポートでより適切に表示されるようになりました
  • セットリストでカラージェルを編集できるようになりました
  • 多くの詳細な改善と不具合修正

最小システム要件

  • オペレーティングシステム Microsoft®Windows®10/8/7(64ビット)
  • プロセッサー Intel®Core i3/i5/i7/i9、 または、同等のAMDプロセッサー (Bulldozer製)
  • グラフィックカード 少なくとも2GBのVRAM(理想的には6GBのVRAM) DirectX 11を搭載したグラフィックカード。グラフィックカード・ドライバーが最新であることを確認してください。
  • ディスプレイ 最小ディスプレイ解像度 1440×960
  • RAM 8GB以上(16GBを推奨)
  • ディスク容量 10GBのハードディスク空き容量
  • インターネット インターネット接続 (アップデートおよびアドオンに必要)
  • 操作 マウスまたはタブレット(マウスを推奨)

推奨システム要件

最高のパフォーマンスを得るには、DirectX 12、OpenGL 4.1/Metal、および4GB以上のVRAMを備えた最新の強力なグラフィックカードをシステムに搭載することをお勧めします。

推奨グラフィックチップセットは、NVIDIA® GeForce® GTX 1050TI、ATI Radeon® RX 570、Radeon Pro 560です。Intel® HDグラフィックスや ATI Radeon® HD3200などの統合グラフィックチップセットは、多くの場合適していません。

  • Macモデル2012以降
  • オペレーティングシステム OS X 10.14 Mojave 以降(64 ビット、12.1 Montereyを推奨します。(システムを最新の状態に保ってください)
  • プロセッサー Intelマルチコアプロセッサー(64 ビット対応)
    M1/M2チップはネイティブサポート
  • グラフィックカード 2GB以上のVRAMとOpenGL 4.1/Metal(理想的には6GBのVRAM)を搭載したグラフィックカード
  • ディスプレイ 最小ディスプレイ解像度 1440×960
  • RAM 8GB以上(16GBを推奨)
  • ディスク容量 10GBのハードディスク空き容量
  • インターネット インターネット接続 (アップデートおよびアドオンに必要)
  • 操作 マウスまたはタブレット(マウスを推奨)

推奨システム要件

最高のパフォーマンスを得るためには、システムはOpenGL 4.1/Metalと最低6GBのVRAMを備えた最新で高性能なグラフィックカードを搭載しているべきです。

Mac用の推奨グラフィックチップセット:
例えば、AMD Radeon Pro 5600M以降、またはM2(最低でも16コアGPUから)。

注意:
例えば、Intel® Iris Plus/Proのような統合型グラフィックチップセットは理想的ではなく、パフォーマンスが低いです。